misonoがこんなに嫌われるワケ



何故か定期的に炎上しているmisono。彼女をネタにしている芸能人は多いですが、彼女は一体、何者なのでしょうか。

スポンサードリンク




歌手でデビュー


2002年、音楽ユニット「day after tomorrow」のボーカルとしてデビュー。「ポスト浜崎あゆみ」を求めていた所属レコード会社 avex trax からの厚いバックアップを受けており「期待の大型新人」として大々的に売り出された。年末には第44回日本レコード大賞・新人賞を受賞。2003年の夏頃からオリコンチャート上位の常連になり、6枚目のシングル「moon gate」、7枚目のシングル「Dear Friends/It’s My Way」は最高位2位を記録したものの、2005年8月をもって活動を休止した。

タレントでブレイク

音楽活動と並行してタレント活動も展開。『クイズ!ヘキサゴンII』などのバラエティ番組の出演から再ブレイクする。
本格的にタレント活動を始めたきっかけは同郷の島田紳助である。misonoが所属しているエイベックス・エンタテインメントに番組出演を依頼し、当初は断られたが、紳助自ら「この子は絶対バラエティ番組で活躍できるから、自分の番組に出演させてほしい」と直訴。以降積極的にロンドンハーツなどのバラエティ番組に出演している。

炎上まとめ

定期的に発生している misono の炎上。過去の歴史を振り返ってみます。

2013年12月 30歳までに芸能界引退&キャバ嬢へ転身宣言

2013年12月18日放送のバラエティー番組「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)でのこと。

『自分の居場所はココじゃないんじゃないか』って疑問が何年間も消えないし1度きりの自分の人生いつ死ぬかもわからないし皆と同じように一緒に『自分も30歳からは自由になる&好きに生きる』ただそれだけの事!
引退して何をするのか聞かれると、「一発目はキャバ嬢から」と言い、また見る者の度肝を抜いた。「一回何かの世界でNo.1になってみたい。芸能界では無理だから」と理由を説明。
出典 JCASTニュース

今日 2016年3月18日 の時点で、misono は31歳ですが、まだ芸能界にいますね。

2014年4月 剛力彩芽主演の映画『L・DK』のエキストラとして出演

原作の大ファンだというmisonoは、映画の公式サイトで一般募集していたページを見て自から応募した。

「原作の大ファンで、映画化されるという事で、エキストラを募集していたので、少しでも関われるなら、エキストラでもいいから! と、応募しました(笑)」と経緯を明かし、「(出演シーンは)芸能人として、いつものmisonoっぽく!でしたし、剛力彩芽ちゃんとは、会えませんでしたが、大好きな漫画なので、映画館で見られるのが、楽しみです!」
出典 マイナビニュース

ネットでは、「misono が何をしたいか分からない」と話題に。出典 NAVER まとめ

2014年9月 新作が1万枚売れなかったらCDを発売しないと宣言

9月19日、「重大発表」と題して、10月発売のニューアルバム『家-ウチ-※アルバムが1万枚売れなかったらmisonoはもうCDを発売することができません。』を発売。タイトル通り、同アルバムが1万枚売れなかったら、今後CDを発売することができなくなってしまうとして、購入を呼びかけた。そのため、売り上げが注目されたが、さっぱり売れず、このままだと“ノルマ”を達成する可能性が限りなくゼロに近いことが判明した。

「さんざんあおっての重大発表だっただけに、『くだらねぇ。今年で一番どうでもいい話だわ』などとネット上で批判が殺到した。出典 livedoor NEWS

2015年4月 声優の仕事を獲得

都内で行われたテレビアニメ「ジュエルペット マジカルチェンジ」の制作完成発表会に出席。30歳までに引退すると宣言していたものの、昨年10月に30歳の誕生日を迎え、現在も芸能活動を継続中。3月14日には、謝罪会見を行っていた。今作で初めて声優に挑戦するが「30歳で本当に引退しようと思っていたけれど、1年間のレギュラーが決まり、全力でがんばりたい」と気持ちを新たに。

この日のブログでは、声優については、17歳のデビュー当時からずっとやりたかった職業であり、一番したかった仕事に引退を決めていた30歳で就けたのは嬉しいなどと綴っていた。

2015年7月 専業主婦願望をブログで告白

30歳になるまで、結婚願望がなかったから、プロポーズは全て、お断りしてきた…

今までは“プロポーズされた時が=別れ話”となったけど、

(自分の事で精一杯で“出来ちゃった婚&妊娠”も、したくなかったし)

でも、もう妥協してでも“自分が結婚したい人”ではなく、

“美苑の為”ではなくmisonoの為にも、次、プロポーズされた人と、別居婚して、

“専業主婦”になって、子育てに専念しようかな?!

(もし自分が子供だったら、他の人と一緒にいて、遊んでるより、家族といたいし、

自分もそうだったから、自分は、ベビーシッターに、預けたくないから)

ってな感じで、結婚に関しては、なげやりになってきてる(笑)
出典 misono/Me(misonoの妹分)Official Blog「miso脳 misoKnoW」

次にプロポーズした人と別居婚をして、専業主婦で子育てをしたいそうです。何故別居婚なのかの理由については記載がありませんでした。

2016年2月 吉木りさとの不仲騒動

吉木りさが、2月17日放送のラジオ番組「アッパレやってまーす!」で、misonoに新年会で絡まれ「嫌い」と言われたことを明かし、不仲騒動になっている。事の発端は、吉木とロンドンブーツ1号2号らが出演するラジオ番組「アッパレやってまーす!」の出演者やスタッフらによって行われた新年会の席でのこと。吉木は、新年会に同席したmisonoから「あんたさっきから何なん?アンタがしゃべってること全部嘘やん。これだからウチ、グラビアアイドル嫌いやねん!」と絡まれたことを告白。新年会では共演者のロンドンブーツ1号2号らが「好きな男性のタイプ」を尋ねたが、吉木は「その人は無理~」などとはぐらかし続けていたという。その場には番組出演者でもないのにmisonoが来ており、突然「何なん?さっきから聞いてたら」「せっかく(田村)淳が振ってくれてんのに答えろよ」と絡んできたという。

有吉弘行のラジオ番組「SUNDAY NIGHT DREAMER」のリスナーである「ぺけみに」さんの投稿「国民的嫌われ者は引退しろ」が、スポニチに有吉の発言として取り上げられたことにより、注目が集まった。
出典 スポニチ

これを受け、misono は主演ミュージカルの製作発表会見にてこう発言。

私は今、国民的嫌われ者みたい。皆さん、いろいろ、ウチに対して思っていると思うけど、この作品でチャラにできるまではいかないけど、リセットできるくらいやりたい

まとめ

misonoの今までの発言から、いろいろ嫌われている理由が分かりますね。

“知る人ぞ知る有名人”ではなく“国民的な芸能人”になれたって事で、

存在価値があるし、理由になるし、意味をもつから。
出典 misono/Me(misonoの妹分)Official Blog「miso脳 misoKnoW」

自身の2月24日のブログで綴っているように、忘れられるよりは「国民的な嫌われ者」という立場の方がありがたいというmisono。ただ、misono = 意図的な炎上での話題づくり、しかも「しょうもない」という認識が広まっており、著者はmisonoを嫌いというよりも、この話題に飽きてきました。彼女が芸能界で生き残るには、忘れ去られる前に、炎上以外の方法で注目される必要があるのかもしれません。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする